エリア紹介~南船場編~
2015.03.25

 

「南船場」は、心斎橋駅の北側の1~4丁目までなるエリアで、心斎橋筋が縦断する3丁目は連日多くの人で賑わいをみせ、4丁目は高層ビルが立ち並びショッピングエリアとして発展をとげています。

もともと材木問屋の町ではありましたが、「西の原宿」と位置づけられている観光名所アメリカ村にもほど近く、徐々に人が集まりだしました。

この地を歩いてみると、植物が植えられている外壁が目を引く「オーガニックビル」が待ち構えています。その奇抜なデザインは滅多にお目にかかれないほど特徴的で、歩く人の視線を釘付けにします。ちなみにグッドデザイン賞も受賞しています。

また色々なものを赤で表現してしまうデザイナー浜崎健さんが、これまた赤のオシャレな建物が目を引く「浜崎健立現代美術館」を構えたことで、アーティストやデザイナーがこぞって集まりだしました。個性的なカフェや雑貨屋が多いのも、この流れを受けての事だと言えるでしょう。

一味も二味も違った大阪を楽しめる街。この地を訪れの際は、是非足を運んでみることをお勧めします。

▲ ページトップへ