ひげ脱毛の方法、料金の抑え方
2016.09.08

ひげが濃いこと損をする?

ひげは、男性ホルモンの分泌が多いほどに濃くなります。この男性ホルモンは、肉食中心の食事や、筋肉トレーニング、強い闘争心を持つこと等によって、活性化されます。ひげの濃さは、いわば男性らしさの象徴というわけです。
しかしひげが濃いことによって、悩みを抱えている男性は少なくありません。ひげが濃いと実年齢より老けて見えますし、営業職や接客業など人と接する職業に就いている人は、ひげが濃いことで、相手に清潔感がないように思われてしまうことにもなりかねません。毎朝の髭剃りの手間も、バカになりません。
そこで考えたいのが、ひげ脱毛です。

主なひげ脱毛方法3種類

ひげ脱毛には、レーザー脱毛、光脱毛、ニードル脱毛があります。
レーザー脱毛は、医療行為として医療機関が行う脱毛です。永久脱毛は期待できませんが、広範囲にわたって施術できるので、脱毛効果は実感できます。医療機関が行うという点でも、安心感があります。
ニードル脱毛は、毛穴に針を差し込んで微弱な電流を流す脱毛方法です。一度に施術できる範囲が小さいため時間がかかり、痛みもある方法ですが、永久脱毛効果が高いです。
光脱毛は、毛母細胞にダメージを与える光を照射し、脱毛を促す方法です。痛みも少なく、一度に広範囲の施術を行うことができます。

ひげ脱毛の費用を安く抑えるために

いずれの施術を受ける場合であっても、ひげ脱毛にはそれなりの費用がかかります。一番安価な光脱毛で2万円前後、費用が高めなニードル脱毛では最低でも30万円以上の料金が必要です。
そこでより安い料金で施術を受けるためにも、それぞれのエステやクリニックのキャンペーンを活用するといいでしょう。お試しプランなども含め、複数の店舗のキャンペーンを組み合わせて通えば、料金を抑えることができます。
ただひげ脱毛には長い時間がかかるので、通う店舗を選ぶ際には、交通費も併せて考えた方がいいでしょう。自宅や勤務先付近の方が、長い目で見ればお得な場合があります。

ひげ脱毛をして明るい毎日を

ひげ脱毛には高額な料金や時間がかかります。社会人であれば、多忙な時にはなかなか店に通えないでしょうし、店に通うこと自体を手間に感じることもあるでしょう。また施術方法によっては、痛みを感じることもあります。
しかし脱毛をすれば、見た目に若々しくなりますし、相手に清潔感のある印象を与えることもできます。ひげ剃りの時間や手間をなくすこともできますし、ひげ剃りによる肌荒れもなくなります。何より外見のコンプレックスがなくなることによって、明るい気持ちになれます。
このように脱毛のデメリットは一時的ですが、メリットは生涯続くものといえるでしょう。

▲ ページトップへ