クリニックはメンズ脱毛にも最適
2016.09.11

クリニックはメンズ脱毛にも向いている

クリニックはメンズ脱毛にも、とても向いているお手入れが可能です。エステサロン脱毛とは違って、医療機器の脱毛マシンは、お肌や毛質に合わせて利用ができるからです。クリニックでの採用する脱毛マシンは、すべてが医療で使うための危機ばかりです。エステサロンのフラッシュみたいな、弱い光脱毛機器とは違います。基本は白い肌に黒い毛に反応するマシンですが、色の黒い男性もいますし、産毛が多い人もいます。そういった肌のカラーや毛の質によっても、医療脱毛器をつかいわけできるのは、医療クリニックの強みでもあります。

メンズ脱毛は麻酔クリームも対応

クリニックでのメンズ脱毛であれば、病院であるために、麻酔クリームにも対応しています。エステサロンの場合は、痛みが少ない脱毛がウリの一つではあります。ですが太くて濃いひげの毛や、デリケートゾーンの体毛は、いくら照射出力が低いエステ脱毛といっても、照射をすると反応がいいために、一瞬ですが強く痛いと感じやすいです。医療脱毛の場合なら、痛いと感じやすい人でも、麻酔クリームを最初に塗布して痛みを柔減ることができます。麻酔を塗り30分間も時間が過ぎれば、表面には感覚が薄れますから、レーザーの痛みは軽くなります。

メンズ脱毛は肌負担は大きくはない

メンズ脱毛を光脱毛ではなくレーザーですることで、肌負担が大きいと印象であるかもしれません。結論から言うと、光脱毛よりも医療レーザー脱毛が、肌への負担が大きくてダメージを受けるということはありません。そもそも光でもレーザーでも、出力には違いはあったとしても、お肌の表面にはダメージがないというのがメリットでもあります。ダメージを受けるのは、ムダ毛の根っこの部分だけです。お肌に関しては、医療レーザー脱毛に通う間は、自宅での水分補給のお手入れを、毎日のように丁寧にするのが最も良い方法です。

メンズ脱毛での毛質について

メンズ脱毛を医療レーザーでお手入れすると、毛質は変化していきます。稀に毛質が太くなることがあって、これは硬毛化と呼ばれる現象です。ですが、もしも硬毛化となった場合は、それに対応可能な医療レーザーのマシンを使用できるので、心配はいりません。医療脱毛に限らず、エステ脱毛でも硬毛化は起こりうることです。継続して脱毛処理をしていくと、やがて毛の量は減っていくので、本当に一時的なものです。特に硬毛化なども怒らなければ、クリニックでの脱毛の施術をしていくことで、体毛は薄くなっていきます。

▲ ページトップへ