大阪弁

関西弁について

東北出身の後輩が関西に来て2年。いまだに大阪のイントネーションがわからないと言うので気晴らしついでに一緒におしゃべりしてます。
そうするとやっぱりイントネーションや言葉の使い方があれ?と感じることが多いですね。

関西弁のアクセントについて

関西弁のアクセントというのは一部、2拍名詞のアクセントの高さが標準語とは逆になっている
のが特徴。
例えば・・・・犬、橋なんかは1拍目が高くなります。ですが、箸、海なんかは2拍目が高くなります。

それに関西弁では1文字の単語を普通より長く伸ばすことで発音します。
例えば・・・・目はめー、手はてーなどなど・・・・・なのでよくふざけてるのかと言われますが違うんです。これが関西弁の発音なんです(–;)
普段は「てーはやい」「めー痛い」という風になって、主格の「が」部分が省略されます。

数字の数え方にも特徴があるのですが、あまり知られてませんね。
標準語では1,2,3,4はイチ、ニ、サン、シ。ですが、関西弁ではイーチ、ニーイ、サーン、シーと少し冗長な発音になります。
動詞や形容詞にも音便系が見られますね。
例えば・・・・買った→コータ 早く→ハヨー という感じです。
これはドラマとかでもよく聞いたことがあるのではないでしょうか。

「~しよう」という動詞の意向形は「う」が取れます。
例えば・・・・読もう→読も
更に、驚き、感動なんかの感情を表すときには形容詞の「い」が落ちます。
例えば・・・・寒い→さむ!!(さぶ!!)

関西弁はここで学ぼう!

こう見ると確かに色々あって他の地域の言葉とは違って見えますね。
それと、話をしながら関西弁の勉強に良さそうなサイトがないか調べてみました。

関西弁講座
http://www.eonet.ne.jp/~yantay/kansaiben.htm
標準ごとの比較が合って、使い方の例もある。
わかりやすくてさらっと読めるのが良いですね。

関西弁基礎講座
http://homepage2.nifty.com/GANSO_hirokun/kouza00.html
もっと本格的に!という場合にはこちら。
数の数え方とか幼児言葉なんかもあって面白いです。
中には私も知らなかった言葉なんかもあって、関西出身の人が読んでも楽しめます。

お遊びではこのツールが面白かったですね。
関西弁Windows
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/amuse/se461622.html
名前の通りWindowsのシステムメッセージを関西弁にしてしまうというもの。
「保存しますか?」が「保存したろか?」になったり・・・・・・・・・
はい、いいえ も ええで、あかん になってたりとにかく芸が細かいです。

▲ ページトップへ