元サロン担当者が選ぶ大阪メンズ脱毛クリニック

まずはクリニックとサロンの違いやメリットデメリットを紹介

大きな違いは脱毛方法です。サロンでは美容ライト脱毛かクリニックでは主にレーザー脱毛を使用します。近年では美容ライト脱毛を使用しているクリニックもあります。

クリニックは医療機関として認可を受けている為、医師によるレーザー脱毛での照射が可能です。レーザー脱毛の特徴としては高出力での照射が可能ですが、その分痛みも強くお肌に腫れや赤みが伴います。麻酔クリーム等を使用して痛みを軽減するクリニックもありますが、肌への負担は変わることはありません。

エステサロンでは美容ライト脱毛を使用します。
医療レーザーよりは少し回数がかかりますが、お肌に安全に脱毛を行っていける方法です。美容ライト脱毛の可視光線という波長の光を照射することにより、お肌の真皮層の繊維芽細胞を活性化させ、お肌にハリやコシを与える作用も期待できます。
脱毛をしながら肌をキレイにする効果もある為、現在では美容ライト脱毛を導入しているクリニックも存在します。

またクリニックでは脱毛以外の美容外科と併設されている所が多く、待合室で美容外科の女性の方と同じ空間で気まずいという男性の声もよくお聞きします。

サロンとクリニックの違い

大きな違いは脱毛方法です。サロンでは美容ライト脱毛かクリニックでは主にレーザー脱毛を使用します。近年では美容ライト脱毛を使用しているクリニックもあります。

クリニックは医療機関として認可を受けている為、医師によるレーザー脱毛での照射が可能です。レーザー脱毛の特徴としては高出力での照射が可能ですが、その分痛みも強くお肌に腫れや赤みが伴います。麻酔クリーム等を使用して痛みを軽減するクリニックもありますが、肌への負担は変わることはありません。

エステサロンでは美容ライト脱毛を使用します。
医療レーザーよりは少し回数がかかりますが、お肌に安全に脱毛を行っていける方法です。美容ライト脱毛の可視光線という波長の光を照射することにより、お肌の真皮層の繊維芽細胞を活性化させ、お肌にハリやコシを与える作用も期待できます。
脱毛をしながら肌をキレイにする効果もある為、現在では美容ライト脱毛を導入しているクリニックも存在します。

またクリニックでは脱毛以外の美容外科と併設されている所が多く、待合室で美容外科の女性の方と同じ空間で気まずいという男性の声もよくお聞きします。

医療レーザー脱毛のメリットとデメリット

クリニックでの脱毛のメリット
まず、医療レーザー脱毛のメリットは高出力での照射が可能です。
その為、10回ほどの脱毛回数で毛を減らすことができます。男性の場合ホルモンの影響がある為、無毛を求める場合はメンテナンスでそれ以降も通う必要があります。

クリニックでの脱毛のデメリット
出力が強い反面、ダウンタイムが長く、脱毛後の赤みが続く場合があります。肌が弱い方ですと1週間ほど赤みが続き、マスクが手放せないことがあります。
また、痛みが強く、我慢できなくて脱毛を断念する方もいます。特に男性の場合、女性と比べて一本一本の毛が太くしっかりとしているので痛みも強い傾向にあります。
ある程度脱毛をして毛を減らしてもメンテナンスでの脱毛で費用がかさばり、ヒゲの脱毛で結果50万以上かかってしまう場合もあります。
脱毛後の保証がついているクリニックでは、いつまで保証がついているのか、周期通りに予約がとれるのかを確認することがポイントです。

▲ ページトップへ