大阪の地下鉄

大阪の地下鉄は複雑?

よく言われるのが「大阪の地下鉄複雑でわかんない!」という言葉。
確かに大阪駅、梅田駅のあたりはちょっとわかりにくいかな・・・・・?とは思いますね。

大阪の地下鉄の特徴

個人的に大阪の電車のメリットは運営が大阪市のみだから、運賃が明確である部分だと思いますね。
反対にデメリットは相互乗り入れが阪急、近鉄、北急だけだから、遠方からだと乗換えが何回も必要になる点でしょうか。
特に大阪-梅田間、天王寺-大阪と交通の要の駅名が会社によって違うので分かりづらいというものが大きいですね。

それと大阪は緑が少ないことと、大阪城跡が今の業務中心地からはずれた一角にあること、
地下鉄各路線が網の目のようにむらのあるペーターゼン式だということも注目すべきかもしれません。

各路線が大阪環状線の内側、つまり都心部を縦横無尽に区画整理された南北の筋、それと東西の通りに沿って建設されています。
大阪市の市営モンロー主義もあったことでこれが市内交通の主力になってます。
ただし! 在阪各私鉄とJRターミナルは北と南の周辺に集中してます。
そのせいで私鉄JRとの相互乗り入れが活発でないのです。更に、ペーターゼン式の弊害のせいで大黒字なのは北の梅田と南の難波を直結する御堂筋線だけという問題も・・・・・・・
西日本の業務中枢地区を貫通してるから当然なのかもしれないですけど、そのせいで目的地に到着するまでの乗換え回数が多くなってしまうという問題も最近ではあがってます。

大阪駅について

長々と問題について話してしまいましたね。
恐らく大阪に住んでない人でも使うことになるだろう大阪駅についてですが、この駅はJR、大阪市営地下鉄、阪急、阪神と主流な沿線4つを抱えています。
さらに、大阪市営地下鉄には東梅田駅、西梅田駅もあるので、鉄道会社沿線を含めるとさらに駅の数はどんと増えます。

正直に言うと、どの鉄道会社が遅延になっても、行き方が多くあるので困ることは少ないです。
ただし、それも路線の関係がわかっていればこそ。普通はかなりの駅数があるとどうすれば大阪に行けるのかわからず迷ってしまいますよね。
大阪市営地下鉄についてみてみましょう。
この地下鉄で大阪方面へ行くには3つの沿線があります。御堂筋線の梅田駅、谷町線の東梅田駅、四つ橋線の西梅田駅。

ちなみにこれらの駅は歩いて15分ぐらいで行くことも可能・・・・・・
観光に来た人なんかは方角を知るついでに一度歩くと駅の位置関係もわかっていいかもしれませんよ。

▲ ページトップへ